ABOUT US

Chef

shef

高澤 義明たかざわ よしあき

1976年2月4日東京生まれ。
料理人の家系に育ち幼い頃から料理に触れる。

18歳の時、調理師学校に通い卒業後様々なジャンルのレストランで働く。
料理人として仕事をしながらワインスクールにも通い、ソムリエ資格取得。
その5年後の28歳で、シニアソムリエの資格取得。
2005年、株式会社トゥジュール ヴェールを設立。
同年、赤坂にARONIA DE TAKAZAWAをオープン。

ドーハのリッツカールトン、東京のペニンシュラホテル、
フランス・オーベルジュバスクでのゲストシェフなど、活躍の場を広げる。
2007年から世界的権威のスペインの国際料理学会【Lo mejor de la Gastronomia】に日本代表として毎年招待をうけ、その後メキシコの国際料理学会にも招待を受ける。
函館料理学会では立ち上げから(2009年)参加し、多くの海外トップシェフと日本をつなぐ役割を担う。
海外のメディアにたびたび取り上げられ、アメリカFOOD&WINE MAGAZINEでは『人生を変える世界のトップレストラン10』のひとつに選ばれる。

2012年5月、さらなる飛躍を目指して、店名を『誰もしらない小さな実』という意味の看板から、自身の名前だけを掲げるTAKAZAWAに変えリニューアルをする。
2013年には、第一回サンペレグリノASIA TOP 50に名を連ねる。

「日本の良き風土・人・食材、伝統的な世界を再構築してモダンに供する」というテーマのもと、
ジャンルの枠にとらわれない自由な発想でオリジナリティーを追求し、
器から食材に至るまで、新しい形で、日本の文化に通じる料理を提供している。

about us

about us

STORY

【ARONIA】アロニアは、
1センチほどの小さな果実。
姿形はブルーベリーに似ているが、
日本ではほとんど知られていない。
そのままでは、苦い・渋い。
ゼリーやコンフィチュールにする際には、
固まりづらい。

そんな一筋縄ではいかない果実は、
アントシアニンやビタミンC、
食物繊維を豊富に含むことから
究極の健康果樹と呼ばれている。

『有名ではないけれど、内に秘めた大きな力』

そんな果実に自分を重ね合わせてアロニアと名づけ、
2005年にオープンし、早7年が経ちました。
お陰様で少しずつ広まってきたタカザワワールドを
より多くの人に食べてもらいたいという想いで
一日二組限定スタイルから、
本来の10席を稼動させるという新しいコンセプトにし
生まれの干支、辰年に、さらなる飛躍を目指して
『誰も知らない小さな実』という看板から、
TAKAZAWA(タカザワ)だけを掲げることに致しました。

日本の良き風土・人・食材・伝統的な世界を
再構築してモダンに供する、‘美味しい+楽しい’世界。
タカザワ自ら全国を回り、食材・食器を選び、
時にはデザインし、料理のクリエイションから、
調理、サービスまで
全てに手をつくし、
心をつくしより多くの皆様へ。。。